高いはんこ、安いはんこ、その違いは?

お店ではんこの価格をチェックしてみると、同じはんこでも高いものもあれば、安いものもあることが分かります。同じはんこでありながら、なぜこのような価格差が存在するのでしょうか。

 

はんこに価格差が存在するのは、材料、そして作り方が異なっているからです。はんこに使われる材料は実に様々です。使われる材料の希少価値が高ければ、それだけ本体価格も高くなります。
また、このほかにも、「機械彫り」か「職人の手彫り」かによって、価格は大きく異なります。手間がかからないのは、もちろん機械彫りのはんこです。
はんこの性質を考えると、同じ印影のはんこが存在しては困ります。このため機械彫りの場合では、ほんの少しずつ文字を修正して大量生産することになります。
手彫りの場合、一つとして同じものは存在しません。しかし手間がかかる分、価格が高めとなります。近年では、大部分の彫りを機械が行い、手仕上げをするという印鑑も増えてきています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ