印鑑の種類(個人)

印鑑といえば、100円均一でも手に入る、今やお手軽なものにもなっているが、実際はどれだけの種類があるのだろうか。
一般的に、個人が使う印鑑としては、「実印」「銀行印」「認印」「訂正印」である。
実印は、役所で印鑑登録をし、受理されることで法的効力を持つものである(なので、登録していなければ、その辺にあるハンコと一緒)。
実印は法的にも最も重要な印鑑とされ、公的な文書や契約書にも使われます。
女性の場合、名字が変わる可能性があるなどの理由から、名だけを彫るケースもあります。
銀行印は金融機関で使うものです。
口座開設や金銭の受け渡しなど、金銭の管理においてとても重要なものです。
注意したいのが、どの印鑑を銀行にしたかわからない!ということです。
現在は印影を通帳に貼らない場合もあるので、しっかり覚えておかないと、お金が引き下ろせないなど、大変なことになってしまいます。
日常的によく使われるのが、認印です。
印鑑登録をしていない印鑑のことで、広く書類などの押印に使われます。
とはいえ、日本では印鑑は非常に重要視されていますので、軽々しく押すことだけは気をつけたいものです。
訂正印とは社会人になれば、耳馴染みになるものですが、帳簿や書類に記入間違いがあった時に、二重線で文字を消し、そこに押す印鑑のことです。
誰が訂正をしたかを明確にするもので、厳密には認印などより小ぶりなものが使われます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ