印鑑の種類(法人)

印鑑には個人が使うもの以外に会社用の印鑑もある。
会社の実印は法務局に登録する、組織として非常に重要な印鑑である。
個人のものと区別するために、円周の外に会社名を、円の中側に「代表取締役印」などと刻印されることが多い。
会社にも銀行印があり、個人の場合と同様に銀行へ届け出、金銭管理には欠かせない。預金の支払いや手形、小切手など、経理上とても大切なものである。
役職員は会社ならではで、それぞれの役職の印鑑である。社内文書など広く使われるものである。本人の姓と役職名を併せて作られる。
角印はいわゆる会社の認印という位置づけで、一般事務や契約の際に使われたりする。
この角印は、団体やサークルといった会社以外でも使われることがある。
登録の義務はないが、法人の顔とも言える、大切なものである。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ